TOP > ED治療薬は勃起不全を改善

ED(勃起不全)の症状と原因を詳しく解説しています。EDの原因を知り、最適な治療をしましょう!

EDとは

EDとは

EDとは勃起不全障害のことを指します。勃起不全とは、男性器への血流が適切に巡らず、性交時に十分な勃起をしない状態のことです。

その原因は様々ですが、血流疾患などの身体的な理由や、過去のトラウマなどの精神的なものなどが挙げられます。朝立ちはするが、本来であれば性的刺激によって、硬く勃起するはずですが、何らかの理由によって正常に勃起が起きない方は年々増えていると言われています。

生活環境の変化や食生活変化によって、ED(勃起不全)を実感する方は増えているようです。男性にとって性交時に勃起しないというのは、ショックなことですし、パートナーとの関係にも影響する方もいらっしゃいます。EDの原因をしっかり理解する為にも、それぞれの改善方法も合わせてご紹介していきたいと思います。

EDの原因

EDの原因は大きく分けて、3つあると言われています。EDの原因によって、治療を行う上での注意点が変わるのでEDの原因を知ることは重要だと言えます。身体的なもの、精神的なもの、服用する薬の影響によるものなど原因は様々です。ここでは、EDの原因と治療の注意点をご紹介しています。ぜひ治療の参考にしてみてください。EDの治療には、まずED(勃起不全)について理解を深める必要があります。

器質性によるED

EDの原因で最も多いと言われているのが、「器質性ED」と呼ばれる原因です。生活習慣病や病気・疾患の影響によって勃起不全を発症してしまいます。また加齢による身体的な影響もあると言われています。加齢と共に、血管や神経にも衰えが生じます。中には年齢に関係なく高齢であっても正常に勃起をする方がいますが、そういった方は健康状態が良好な方が多いといわれています。

本来、身体的に健康な状態であれば、脳に性的刺激を受けると、興奮が神経を通じて伝わり、男性器に大量の血液が送り込まれ勃起します。勃起不全になるということは、健康上に何か不具合が起きているということなのです。 器質性EDを罹患している方の多くは、「糖尿病」「高血圧症」「脂質異常症」を患い、同時に勃起不全の症状を訴えています。これらを患っていると、血管や神経に異常が起きやすくなり、十分な血流が男性器に送り込まれない為、勃起不全の症状が現れるのです。高血症を患っている方は、投薬を受けている方が多く、急激な血圧上昇を防ぐ為に、降圧剤を服用している影響でEDの症状を訴える方もいます。

また過度の喫煙や飲酒によって勃起不全を感じる方もいるので、勃起不全の予防や改善には生活習慣の見直しが必須といえます。器質性EDにはED治療薬での治療が可能です。ただ生活習慣病を患っている場合は、医師に相談の上でED治療薬服用してください。中には併用禁忌の薬もあるので、服用には注意が必要といえます。

心因性によるED

心因性EDは、日常生活でのストレスや過去の体験によるトラウマなどから引き起こされると考えられています。精神的に、もしくは肉体的に疲労が蓄積された状態では、性欲も沸かないという方がほとんどではないでしょうか。そういった状態が続くと勃起不全の症状が現れるのです。

過去に性体験でトラウマがある場合も、心の傷によって勃起不全の症状が現れてしまう方がいます。心因性EDに罹患している方の多くは、肉体的にはなんの問題もなく、医師にも勃起は可能と診断を受けます。勃起を促す上で、ストレスになっている根本を取り除くことでEDの改善に繋がると考えられているのです。

肉体的に問題が無い分、ED治療薬を服用することですぐに改善が見込まれる方もいます。ですが精神的な理由で、抗うつ剤や安定剤、睡眠薬を服用していることでEDに繋がっている方は、かかりつけの医師に相談した上での治療が必要になります。できるだけリラックスした状態で性行為をすることで、EDの改善になるともいえるので、そういった意味でも日常生活も注意が必要だといえます。

薬剤性によるED

薬剤性EDは投薬によって治療中の疾患がある場合、服用している薬の副作用によって起こるとされています。 中には服用している薬にEDとは全く関係のないような薬に影響を受けて起こることもあります。一般に常用されている薬の中には、男性機能の低下や、勃起や射精の機能を低下させる働きがあるものも存在しています。影響があるといわれている薬には、神経系や循環器、消化管に作用する薬がEDにも影響があるといわれています。特に降圧利尿剤のサイアザノイド系「ヒドロクロロチアジド」やカルシウム拮抗薬「ニフェジピン」などは薬の影響でEDの症状が起きると言われています。

また抗うつ剤や睡眠薬、精神薬を服用する際にもEDの症状がでると言われています。安定剤の中には、興奮を鎮めたり間隔を鈍らせる作用がある為、性的興奮も少なくなり、勃起が起こらなくなることが報告されています。がん治療を行っている方は、ホルモン療法の影響により、EDや性欲の低下が副作用で現れるそうです。

薬剤性EDの場合は、服用している薬を中止すれば回復するとも言われていますが、治療を優先するべき場合は服用を注意することができません。ED治療薬と併用できる薬、併用できない薬がありますので、服用を検討される方は一度医師に相談してから服用するようにしてください。

EDの治療法

医師のサイン

EDの治療には、カマグラやバイアグラなどのED治療薬を用いた治療メインで行われています。ED治療薬で改善されるといっても過言ではありません。カマグラ等のED治療薬を服用することで、血流を改善し勃起を促進する効果があるからです。他にもホルモン療法やカウンセリング、手術などの治療法があります。

どの治療法で治療していくかは、医師の診断によって変わります。患者の状態を加味して適した治療法を選択します。ですが、ED治療は保険が適用されない為、一番身近な治療方法は投薬だといえます。ED治療薬も様々な種類があり、効果の強さや持続時間などから選んで、自身の生活に合ったものを服用することが出来ます。

手術などの直接的な治療を行う場合は、患部に施術を行うため恐怖感や不安感を感じる方が多いと思います。副作用のリスクに注意する必要はありますが、ED治療薬を服用する方法が一番身近な治療方法だと言えます。

ED治療薬の働き

ED治療薬は、脳に作用する効果はありません、なので催淫作用は起こりません。ED治療薬の働きは、脳に性的刺激を受けることで、興奮が神経を通して男性器に伝わります。そして男性器に大量の血液が送り込まれ、海綿体が血液をスポンジのように吸収することで、勃起します。勃起不全で悩んでいる方の多くは、この工程になんらかの不具合が起きているのです。

ED治療薬には、血管拡張効果があります。その効果により、滞っている血流を促して勃起を促進させます。この働きにより、勃起はするが満足な硬さに勃起しない、性的興奮は感じるのに勃起しないといった方の治療に効果を発揮するのです。日本では発売されてはいないのですが、海外で発売されているED治療薬の中には、早漏防止薬を一緒に配合していたり、ゼリー状やフィルムタイプなど服用しやすさに特化した治療薬があります。

EDは非常にデリケートな問題ですが、現在は数多くのED治療薬が誕生していますし、改善することができる疾患といえます。EDは年齢に関わらず、様々な原因で多くの方が悩んでいると思いますが、しっかりと自分の原因を分析し適した治療を行うことで改善することが出来ます。

まとめ

現在多くの方がED(勃起不全)で悩んでいますが、ED治療薬であるカマグラやバイアグラを服用することで、改善することができます。その為にも自身のEDの原因をしっかりと分析し、理解することで改善に導くことができます。EDの種類は大きく分けて3つあります。

「器質性ED」「心因性ED」「薬剤性ED」の3つがあります。原因によって、適した治療が変わることもあるので、自分がどれに当てはまるかそのあとの注意点が見えてくると思います。EDを予防、改善する為にも生活の改善や健康に気を配ることも必要です。ED治療薬は勃起不全に悩んでいる方にとって、画期的な治療薬であり、特攻薬なのです。